▷主婦でも簡単♪プロがNISAを解説◁

プロフィール

はじめまして!

こびとと申します。

東京杉並区在住の28歳、専業2児ママです。

この記事では簡単な自己紹介、家族の紹介、ブログについて書いていきます。



自己紹介

プロフィール

  • 名前:こびと
  • 年齢:20代後半
  • 住まい:東京
  • 仕事:専業主婦。その前は海外営業事務
  • 特徴:のんびり、心配性
  • 好き:紅茶、ひたすら寝る、リラックマ、ぺんぎん
  • 子ども:男の子2人 (2歳、0歳)

生い立ち

生まれも育ちも地方都市。

亭主関白で頑固な父、しっかりものの母、2つ上兄と一緒に暮らしていました。

私はあまり派手なタイプではなく、小さいころから

「落ちついているね、クールだね」

と言われることが多かったです。

就職をきっかけに上京

東京に来たのは、就職がきっかけです。

新卒で入った会社はメーカー。

なんとなく一部上場企業の一般職に憧れがあって、地方から面接を受けまくって・・・

なんとか内定をいただきました。

仕事内容は海外営業事務で、営業さんのサポートをしたり、メールや電話で英語をつかってやりとりをしたり・・・

受付やお茶出しもしていました。

残業は月10時間くらいで、とても働きやすい職場だったと思います。

約3年間働きました。

安定企業を退職したわけ

第一子の妊娠をきっかけに退職しました。

安定していて、とても働きやすい職場で、給与面も満足・・・

今思うと、とてつもなく恵まれた環境にいました。

でも当時住んでいたところは激戦区で保育園に入れる保証もないし、

そもそも私がやっていたのは一般職。

営業サポートや、受付やお茶出しなどがメインで、はっきり言ってしまえば代わりの効く仕事です。

もう潔く辞めて、他の人に働いてもらったほうがいいのかもしれない。

稼ぐことは夫にまかせて、私は家事・育児に専念したほうがいいのかもしれない。

そんな考えが夫とも一致したので、幼稚園に入るまでの3年間は、ゆっくりおうちで育てることにしました。

ブログをはじめた経緯

「何か新しいことに挑戦したい!」

と思い、ブログを始めました。

自ら望んで専業主婦となり子育てを始めてみたものの・・・

やってみないと分からないことってありますよね。

実家も遠く離れている、親友もいない。

そんな中での孤独な子育ては想像以上に辛かったです。

日々子どもと過ごす中で、

「専業主婦もいいけれど、子育てだけってのもなんだかさみしいな・・・」

そんな思いが頭の片隅にずっとありました。

自分が”ママ”でしかなくなるのが嫌だったのです。

そこでまずは資格の勉強をしてみました。

子どもが寝ている時間に勉強して、保育士、宅建士とこれまで2つの資格を取りました。

次は行政書士を目指したかったのですが・・・

2人目の妊娠や、資格ばかり取るよりも何か新しいことに挑戦したい!と思い断念。

2人目に向けての里帰り中に、急に夫からSurface goをプレゼントされたこともあり・・・

いろいろと悩みましたが、今度はブログに挑戦してみることにしました!

こんなことがあって、2019年5月に、このブログ「東京ゆるノート」を開設するに至りました。



家族の紹介

大好きな家族の紹介をします。


  • 名前:きっちりぱぱ
  • 年齢:30代後半
  • 仕事:日系の金融系の会社に勤務
  • 特徴:自信満々!!!、頭の回転が速い
  • 好きなもの:ゲーム、マンガ、回転寿司

平日は7時ごろ出勤し、帰りは22時~24時と忙しめ。

でも土日は家事・育児にとても協力的な優しい夫です。

てきとうな私ときっちりした夫・・・

たまにケンカもありますが仲良しです。

長男


  • 名前:ゆるぼ
  • 年齢:2歳 (2016年生まれ)
  • 特徴:甘えん坊、スーパー癇癪系男子!

イヤイヤ期、赤ちゃん返りもあり、最近なかなか激しめ!!

でもパパ、ママ、弟を大事にするいい子に育ってます。

ちなみにおむつはまだとれていません!!

幼稚園までにはなんとか・・・

次男


  • 名前:たんたん
  • 年齢:0歳 (2019年生まれ)
  • 特徴:ザ!2人目!

長男とは2歳半差です。

良く寝るし、ミルクも良く飲む。

比較的育てやすい子だな~と感じています。

長男が赤ちゃんだったころとあまりに違うので、夫婦で驚いています!!

ブログについて

このブログでは、育児グッズ、おでかけ (杉並、中野、吉祥寺メイン)、お金、資格などについて書いていこうと思っています。

自分の経験を活かして記事を書き、悩んでいる人や困っている人に有益な情報を発信していきたいです。

私もよく疑問があればスマホで検索して、いろいろなブログを参考にしていました。

今度は私が情報を伝える側にまわりたいと思っています。

お問い合わせ先

プロフィールを読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせ、ご依頼などはこちらまでお願いいたします。

こちらから

お問い合わせフォームへ